出会い系サイト体験談

【出会い系アプリ失敗談】ブスだけど身体はよかったのでバックから突きまくった 

更新日:

出会い系アプリで知り合ったランちゃん(24歳介護士)

今回出会い系アプリで知り合った女性。24歳の介護士ランちゃんです。知り合ったキッカケは出会い系アプリなんですが、私の夜更かし癖が功を奏しました。というのも私はゲームが大好きで、ゲームにハマった時の就寝時間は夜中4~5時だったんですよね(平均睡眠時間は2時間足らず)。

こういう生活を送っていたので、明け方まで寝れなくなってたんです。この日も夜中0時を回ったものの、眠れない・・・とはいえめぼしいゲームもないし・・・と出会い系アプリをチェックしてました。すると深夜0時を回ったという時間なのに、掲示板に書き込みをしてる女性を見つけたんです。即連絡を入れると、向こうからも返事がきました。

 

最初は挨拶から始まり、

女性
こんな時間に何してるの~?

っと話は進んでいきます。この時に自分は夜更かし癖があって眠れずに困ってることを告げました。

相手の事を聞くと、お名前はランちゃん、職業は介護士さんでした。介護士は夜勤アリの変則勤務らしく、仕事柄夜中でも眠れない時があるんだとか。とはいえこんな時間だと友人も相手してくれないし・・と出会い系アプリを利用してみたそうです。

 

深夜のドライブデートに誘ってみると・・・

そこで

管理人
せっかくだからドライブデートでもしない?この時間だと道路は空いてて気持ちよく運転出来るし夜景とかどうかな?
と誘ってみました。最初に連絡を入れてからお誘いをするまで約30分程度。普通ならもうちょっと時間を掛けるのですが、ランちゃんのノリも良かったしいけそうかな~って感じたんですよね。するとランちゃんからの返事はOKということで、夜中1時半にランちゃん自宅近くの24時間営業のスーパー駐車場で待ち合わせをしました。

一応LINE交換はしてましたし、こなきゃこないでいいかな~なんて気軽な気持ちでしたね。現地に到着してLINEを入れると、すでにランちゃんは到着していたようです。もしかして今入ってきた車?スポーツカーっぽかったけど?と、ランちゃんは私に気づいてました。なので、ならランちゃんこっちまで来てくれる?とお願いすると、駐車場に停車していた車がこちらの真横まで移動して停車。そして一人の女性が車から降りてきたので、助手席のドアを開けて迎えいれます。

 

 

女の子の顔を見たとき、僕の全身に衝撃が走った

服装はノースリーブの白色のブラウス、下は黒のひざ上のスカート。背は大体162.3cm程度でかなりスリム。体重は40kg台後半といったところでしょうか。なのに胸はそこそこあるようです。ノースリーブで肩を出しており、鎖骨まで見えそうなぐらいの露出度。しかもスカートはひざ上で足は丸出しだし細身のモデル体型。これ超アタリかも!と喜びました。

しかし助手席に座ったランちゃんを見てガッカリ。

 

そう、ランちゃんの顔はブサイクだったんです。

 

まずとてつもない馬面で顔が細長いんです。

目は細く、目薬させるの?って聞きたくなるほどでした。髪は黒髪ロングストーレトと普通なら素敵な髪型なんですが、顔がブサイクだと貞子にしかみえません。

 

管理人
ああ・・・失敗したな・・
と後悔しました。ランちゃんは私の事を気に入ってくれたようで上機嫌。車から降りる気配はありません。このまま車を走らせてしまうとドライブデート決定です。それだけは避けたいと思い、出発前に色々話してみました。でもここで私の考えが変わります。顔を見ながら話すと無理!と感じるんですけど、車ってお互い前を向いてますよね。なので隣にランちゃんはいるものの、顔を見ずに会話をします。ランちゃんは助手席に座ってる・・つまり私との距離は近いのでランちゃんの女の匂いがするんです。服装に気を使ってるだけあり、匂いもなかなか良い香りがするんですよね。しかもランちゃんの足を見ると、足はスラッと細くて太ももまで見えてます。それに私はランちゃんを車から降ろしたい・・と思って会話をしてるのに、ランちゃんは楽しそうに会話を振ってくるんです。

 

さらに私を褒め称えてきます。どんな人がくるかな?と思ってドキドキしてたんだけど、○○さんで良かった。こんなかっこいい人が来ると思ってなかったと、私にアプローチしてくるんですよね。愛想はよくスタイルはバツグン、しかもエロい。性欲を刺激するほのかな香りも・・・ランちゃんに車から降りてもらおうと車を走らせてなかったのですが、

管理人
せっかくだし一発やっとくか!
という気持ちに変わってました。

 

出会ったのにセックスしないのは失礼なのでやらせてもらう

 

ドライブデートは、車で20分程度の距離にある夜景スポットまで移動し、ここでムードを作ってキス。正直キスはイヤだったんですが、相当ムラムラしてたので頑張りました。ブラウスの上から胸をタッチすると、ランちゃんは恥ずかしそうにしながら感じてくれます。

 

これはやるしかない・・と帰り道にあるラブホテルに寄ってランちゃんを頂きました。入室時ランちゃんは恥ずかしそうにしてたので、こちらからアプローチします。ただ基本的にアプローチは後ろからでした。理由は顔を見たくないから・・・。ただこれがランちゃんにも良かったようです。部屋に入って歩いてるランちゃんの後ろから抱きつき、後ろからランちゃんのおっぱいをお触り。たまに乳首をサッとなでるように触ると、ランちゃんは声を出して感じてました。

 

スカートの中に手を入れると、パンティが冷たくなるほど湿っています。パンティの横から指を滑らせると、マンコはヌルヌル状態。中に指を入れると熱い愛液が指に絡みつき、かなり心地良いんです。指を出し入れするだけでランちゃんは立ってるのも辛そうにして感じてますし、そのままベッドへ移動してランちゃんのパンティを脱がしました。

 

ブスな女性がバックから突かれるのが好きな理由

ブラウスは着たまま、スカートもはいたまま、ただパンティだけを脱がして挿入・・という着衣エッチ。体位はバックから。ランちゃんは顔以外はパーフェクトな娘でしたし、後ろからされるのがかなり好きなよう。というか、今までの男性も顔が見える正上位より顔の見えないバックの方が良かったんでしょうね。それでランちゃんはバックから突かれるのに慣れたというか開発されてしまったんでしょう。入口まで愚息を引き抜いて奥を突く、この長いストロークがかなりヤバかったです。ランちゃんは相当これが良いようで、キュウキュウ締め付けてくるんです。

 

 

 

残念ながら一回目はこれで即イっちゃいました。生だったので、慌てて外だしで済ませます。するとランちゃん、お掃除フェラしにきました。生だったのでランちゃんの愛液と精液が混じった愚息をいとしそうに頬張るランちゃん。射精したばかりだったのでくすぐったかったのですが、数分続けられてるうちにじょじょに気持ちよく・・・なって硬くなりました。エッチを終えて乱れた髪が妙にエッチでしたし、そのまま二回戦突入。ランちゃんの事をブサイクブサイクと思ってたのに、気づけば二回もしちゃってました。

 

二回目を終えると私の性欲は完全に消えうせて賢者モードに。出すもの出しちゃうとランちゃんの体に魅力は感じません。明日お仕事だし、そろそろ戻ろうかと急かせてラブホを出てランちゃんをスーパーまで送り届けました。後日ランちゃんから連絡をもらい返事はしたものの、次会うことなく終わりました。顔さえ良ければ・・・。

人気記事ランキング

  • 週間
  • 月間

出会えるサイトランキング

PCMAX   

アダルト系に強い

セフレ探しならココ一択!

PCMAXの詳細情報を見る

PCMAX公式サイトへ

 

ハッピーメール   

会員が多く出会いやすい

ハッピーメールの詳細情報を見る

ハッピーメール公式サイトへ

 

ワクワクメール

若い子や女子大生が多い

ワクワクメールの詳細情報を見る

ワクワクメール公式サイトへ

-出会い系サイト体験談
-, , , ,

Copyright© 出会い系体験談まとめ , 2020 All Rights Reserved.