出会い系サイト体験談

幼妻をセフレにして不倫セックスを楽しんだ出会い系体験談

更新日:

幼妻をセフレにして不倫セックスを楽しんだ出会い系体験談

 

20代後半の女性だったので独身かと思っていたのですが、掲示板で何度がやり取りをしているうちに結婚していたことが分かりました。

旦那さんとは子供作りのためにセックスをしているだけと書いてきたので、あまりセックスには興味がないのかな?と思っていたのですが、そうでもないらしく、刺激的なことを求めていると内容が書き綴ってありました。

人妻との出会いは初めてではなかったので、過去に関係を持った女性のことを説明すると、興味を持ってきたようで自分もそんな体験をしてみたいと答えてきました。

深入りするとよくないと思ったので、本当に割り切って会えるか念押しすると、旦那との関係は悪くないし...子供も絶対って訳じゃないからと事情を書いてきました。

明日もお互いに気持ちが変わらなければ会おうと書いて、その日はやり取りをお終いにしました。

次の日、会社で仕事をしてたのですが、昨日のことが頭から離れなくなり抱きたいという願望が強くなっていき、昨日のうちに会う約束をすればとよかったと後悔すらしました。

夜になり祈るような気持ちで彼女へ連絡すると、幸運にも返事が返ってきました。

彼女の気持ちを聞くと、会ってみたいと心境に変化がなかったので、希望通りの日時を確認して会うことになりました。

主婦と言っても年齢が若いので、友達と食事してくると言えば平日の夜でも家を抜け出せると言っていたので、木曜日の午後6時に彼女の家から少し離れた場所で落ち合うことにしました。

仕事の手続きに手間取ってしまい、10分くらい遅れると前もって教えてもらったラインの連絡先へメッセージを送ると、ちゃんと待ってるから慌てなくていいよと返信が着てホッとしました。

たまたま待ち合わせ場所には女性一人きりだったので、「遅れてごめん」と彼女へ声をかけました。

「ううん、お仕事ご苦労様」と笑顔で答えてくれた表情が愛くるしく、服装も上下お揃いのジャケットにスカートと仕事帰りのOLっぽく見えました。

食事に誘うと、「男性と食事なんて、独身の頃に戻ったみたい」と喜んで応じてくれました。

食事の間は、どんな仕事しているのか?、休日は何をしているのか?、彼女はいつからいないのか?と質問攻めにあっていました。

「独身を楽しんでいるんだね、羨ましい」と一通りの答えを聞いた後に感想を言ってきました。

「北川景子に似てるし、ミユキちゃんみたいな奥さんだったら結婚しても楽しいと思うよ」と彼女のことを褒めると、「本当?そんなのダンナに言われたことない」と喜んでくれました。

食事を終えて外へ出てすぐに「じゃ、行こうか」と彼女の手を握ると、「うん」と一言呟いて自分の手を握り返してくれました。

タクシーで10分くらい離れたところにあるホテル街へ行き、雰囲気のあるのホテルに決めて二人で中へ入りました。

部屋は少し暗くなっていて、明る過ぎずちょうど良い光が彼女を優しく包んでいました。

彼女はゆっくりと頭を当ててきて、「すごくドキドキしている」と言ってきました。

「そうなんだ...」とジャケットの中へ手を忍ばせて、ブラウスの上から左おっぱいを撫でると彼女の柔らかいおっぱいの感触を知ることができました。

「おっぱいの音伝わる」と言ってさらにおっぱいを揉み続けると、少しずつ息遣いが荒くなってきました。

熱い息が洩れている口元を見て、たまらずにキスをしました。

その瞬間、彼女は私の首へ腕を回して抱き着いてきたので、それに応じるかのように余った片方の手で彼女を抱き寄せて、舌を絡めながらキスを続けました。

その後、片膝をスカートを持ち上げるかのように彼女の股へ入れていくと、彼女はそこへ腰を下ろすかのように股間を当ててきたので、膝をこするように刺激していきました。

柔らかい太ももと温かい感覚を感じることができ、すでに自分のものがボッキしていることに気づきました。

「服、脱ごう」と言うと、「もう立ってられない...脱がして」と紅潮した面立ちで伝えてきたので、ジャケット、スカート、パンストと順に脱がし、ボタンを外したブラウスと下着だけの姿にしました。

それから自分でも服を脱ぎ、二人でベッドへ横になりました。

ブラウスを取りブラのホックを外すと乳首がツンと立っていたので、舌を使って乳首を舐めると、「いい...両方とも舐めて」と悶えていきました。

何度も交互に乳首を舐めながら、パンティーを脱がしにかかると自分で腰を浮かせて脱がしやすくしてきました。

指を使って彼女のものをイジるとすでに濡れていることが分かり、そのまま中へ指を入れてかき回すと指から愛液がしたたり落ちてきました。

「ダメ、そんなのしちゃダメだよ」と恥ずかしい声を口で隠しながらも激しく感じていました。

彼女を休ませることなく、コンドームをつけてすぐに正常位で抱きました。

部屋中に彼女の声が広がったかと思えば、最後は大きな声を出して沈み込むように果てていきました。

ホテルを出て近くの駅に着いた頃には10時を回っていました。

「今日はありがとう、すごく楽しかった」と彼女は言って帰りました。

彼女とは3回会いましたが、結局、お互いの欲望を満たすだけの関係で終わりました。

人気記事ランキング

  • 週間
  • 月間

出会えるサイトランキング

PCMAX   

アダルト系に強い

セフレ探しならココ一択!

PCMAXの詳細情報を見る

PCMAX公式サイトへ

 

ハッピーメール   

会員が多く出会いやすい

ハッピーメールの詳細情報を見る

ハッピーメール公式サイトへ

 

ワクワクメール

若い子や女子大生が多い

ワクワクメールの詳細情報を見る

ワクワクメール公式サイトへ

-出会い系サイト体験談
-, , , ,

Copyright© 出会い系体験談まとめ , 2020 All Rights Reserved.