出会い系サイト体験談

南米ハーフ美女が精子泥棒だった体験談

南米ハーフ美女が精子泥棒だった体験談

ハーフ美女とヤルにはスタミナが大事!

今回は、僕の性欲を上回る女性の話をします。

僕は人より性欲が強いです。

オナニーも毎日やってる猿です。

しかーし!

私たち日本人は、自分で性欲が強いと思っていても、海外の人たちにはかなわない。

洋モノAVで出した後もすぐまたヤレるっていうパワーすごいですよね。

関心しつつ羨ましくもあります。

 

では、女性の場合はどうなのでしょうか

最近、出会い系サイトでブラジル人ハーフの女の子と知り合ったんです。

が、本当、性欲が強すぎて…強すぎて。。。

僕のキンタマは枯れ果ててしまっています。

精子が枯渇するんじゃないかと思うくらい(笑)

サイトで見つけたときは、日本人にしか見えなかったんですが、プロフィールにはハーフとてありました。

外国人との経験がなかったので、ハーフも日本人とは体が違うのかな?

と、好奇心が膨らみ、彼女にアタック開始しました。

やっとのことでアドレスゲット!

彼女のレスは早く、どんどんスムーズに話が進んでいく。

しかし!

突如彼女からの連絡が途絶える。。。

諦めかけたその時、彼女の方から突然

「ねぇ、会えない?今日とか明日とか」

連絡が来たのにもびっくりだが、突然のお誘いにもびっくり。

僕はまだハーフの体を諦められずにいます。

よし!

「もちろんok だよ。いつにする?」

「今日がいい。今すぐ会いたい。」と。

おぉぉぉ~!

今日頂けるのか?

オッケー、オッケー ノープロブレム!

僕は速攻で会いに行った。

彼女と電話をしながら待ち合わせ場所に。

向こうから近づいてくる彼女。。。

なんと!

めちゃくちゃスタイルが良い!

8頭身か!?

スラッとした長い脚。ミニスカートから見えるのがセクシーだ。

キュッと上がったヒップ。歩く度に左右に揺れるのがエロい。

プルンと大きな巨乳おっぱい。おっぱいも上下に揺れるのがエロい。

やっぱり体形は日本人じゃない!

僕はこの子とヤレるのかと考えるとすでに興奮していた。

とりあえずは飲みに行く。

そして他愛無い会話をする。

徐々に酔いが回り始めたところで、距離が近づいてくる。

軽めにボディタッチをしてみる。

彼女に嫌がる素振りはない。

むしろ彼女の方からもボディタッチをしてくるのだ。

その時、

彼女の手がふと僕の股間に当たってしまった。

「えっ?勃起してるでしょ?」

バレてしまった。

どうする僕。。。

正直に言うか、誤魔化すか。。。

 

「バレちゃった?○○ちゃん、見てるだけで勃ったちゃうよ。スタイルよすぎ。可愛すぎ。僕のこれおさめてくれる?」

「ダメに決まってるじゃん。私彼氏以外の人としないよ?」と。

とりあえず1回は諦めるふりをしてみる。

酒と会話を続ける中、ボディタッチは変わらず。

ちょっとキスをしてみる。

嫌がってない。

ちょっとずつキスを長く、エロくしてみる。

「ダメだよ。私チューするとエッチしたくなちゃうの。」

なんと!!

グッドニュース。

僕はどんどんディープに攻めてみる。

彼女から吐息が漏れる。

僕「ホテル行こうよ?」

彼女「大丈夫?私興奮したら何回でもしたいよ?」

僕「いいに決まってんじゃん。」

僕たちはホテルに移動。

 

脱がしてもやっぱり完璧なボディーだった。

外国人は緩いとかよく聞くがそんなことはない。

むしろキツ目だったように思う。

1回戦終了。

僕、大満足。

彼女「ねぇ、もう1回。」

延々とこの繰り返し。

僕たちはホテル宿泊プラス延長までしたのだ。

僕の記憶では7回はした。

僕って1日に7回もできたのかという感動。

洋モノAV男優と同じことができている!

まぁ、彼女のテクニックに勃たせて頂いたのだが、、、

彼女の言う「何回もしたい」は、本当に何回もだった。

彼女曰く、私はもっとしたいよ、と。

僕たちの関係は続いており、会うたびにこの回数をこなしている。

彼女は積極的で内容も濃い。

もう僕エネルギー吸い取られちゃってますよ。

まぁ、気持ちいいんですけどね。

-出会い系サイト体験談
-, , ,