出会い系サイト体験談

出会い系の女とセックス中、彼氏が帰ってきた体験談

更新日:

出会い系の女とセックス中、彼氏が帰ってきた体験談

出会い系でやりとりした女性

その女は彼氏と大喧嘩して、ムシャクシャして出会い系をやったらしい。

誰でもよかったみたいで、僕がメールするとすぐ会う約束ができた。

たぶん、一度出会い系でエッチしたら、それでやめるつもりだったのだろう。

それがあんなことになるとは、彼女も運が悪いよ。

女の名前はチナミ。25歳で看護師をしていた。彼氏は同じ病院にいたレントゲン技師。いまは別の病院に勤務しているそうだ。

看護師は勤務が不規則だから、それも喧嘩の原因のひとつらしい。

僕がチナミと会った日は、ちょうど彼氏が法事で実家に帰っていたときだった。

大喧嘩したのは、彼氏が実家に帰る前日。何が原因か知らないけど、チナミが彼氏に向かって、「謝れ、謝らないなら浮気してやる!」と啖呵を切ったらしい。

それでも彼氏は謝らなかった。

怒った彼女は出会い系に入会して、僕と会うことになったというわけだ。

単なる痴話喧嘩にすぎなかった。

たぶん、2人はすぐ仲直りするだろうし、ここで浮気なんかしたら彼女は一生後悔することになる。

本当なら、そうアドバイスしてやりたいところだけど、いや実際、彼女と会うまでは、半分くらいそう思っていたけど、会ってみたら考えが変わったよ。

彼女、すごい美人なんだよ。それだけじゃない。胸も大きくて、色気というか、フェロモンムンムンで、とにかくソソる女だった。

こんな女、一生抱けるチャンスないってほどの女だったよ。そのチャンスをみすみす逃すってあり得ないでしょ?

ということで、彼氏には悪いけど、僕はチナミをいただくことにしたんだ。

彼女だって、誰かとエッチしたいんだから、何も問題ないよね。

飲みに連れて行くと、彼女は彼氏の不満をぶちまけた。といっても、服装がダサいとか、食べ物の好き嫌いが多いとか、釣りが好きで1日中釣り堀に付き合わされるとか、そんな程度のことだけどね。

僕は彼女のご機嫌を取りたくて、

「ふーん、ひどいね」

「さいてーだなそいつ」

なんて相槌を随所で打っていた。

チナミは自分が正しいことをわかってもらえたのがうれしくて、

「でしょう、でしょう」

と、上機嫌で笑顔を見せていた。内心、もらったと思ったよ。

とうとうチナミは、彼氏のエッチのことまでケチをつけ始めた。

これはいい流れだぞと、僕も話に乗る。

「とにかくエッチがヘタだし、すぐ入れたがるんだよね」

僕は股間を熱くしながら聞いていた。

「もしかして、彼氏はすぐ終わっちゃうとか?」

「うん、なんか早い」

言ったあとで、チナミは口を押さえてキャハハと笑った。

「じゃあ、彼氏のエッチではイカないの?」

「うん。あんまりイったことない」

「前の彼氏のときは? イってた?」

「うん。いつもイってた」

美女を前にエロトーク全開で、股間は痛いほど突っ張っていた。

「じゃあ、彼氏は下手なんだね」

僕は彼女の不満を掘り出そうと躍起だ。

「そうなの」

「俺は結構自信あるよ」

「へー。ほんと!」

チナミはトロンとした眼差しで僕を見た。間違いなくエッチをしたがってる目だ。

と思った。

ここはちょっとおしゃれな洋風居酒屋。僕とチナミは、ガラスのテーブル越しに向かい合っている。

ガラスだからチナミの下半身が見えているんだけど、さっきから、さかんに足を組み変えてるんだ。

「足をモジモジさせてるけど、濡れてるんじゃない?」

「えー、そんなことないよ」

「だって、なんかそわそわしてるよ」

「しらなーい」

チナミの頬は桜色になっていた。うるんで焦点の合わない目を見ると、かなり酔っているのがわかる。

「そろそろ行こうか」

「うん」

僕は伝票を持って立ち上がった。

店を出て歩きながらチナミの手を握ったら、彼女も握り返してきた。

もうもらったようなものだ。僕の股間はカチカチになっていた。

僕は歩く方向を変えて、タクシー乗り場に向かった。

「チナミの部屋に行ってもいい?」

と聞くと、

「私、一応彼氏いるんですけど」

と拒否の姿勢。

チナミは僕をおいてドンドン歩き出して、停まっているタクシーに乗り込んでしまった。

タクシーの中の彼女を呆然と見ている僕。

怒らせちゃったか・・・。

すると、チナミがニコっと笑って中から手招きしてくれた。

なんだよ、あせっちゃったよ。

僕が乗り込むと、チナミは運転手に住所を告げて、10分ほどで彼女のアパートに着いた。

そこはワンルームのきれいな部屋だった。ベッドもクッションもピンク系統でまとまっていて、かわいいグッズで部屋中いっぱいだ。

手を洗おうと洗面所に行くと、コップの中に男物の歯ブラシとシェービングクリームが置いてあった。

この部屋で好きなだけチナミを抱いてる男がいる。僕は顔も知らないその男に、軽く嫉妬していた。

チナミはビールを出してくれた。バドワイザーだ。彼女がこんなビールを飲むとは思えないから、きっと彼氏の好みだろう。そう思ったら、無性にムラムラしてきた。

チナミを抱き寄せてキスすると、彼女は驚いて顔をそむけた。

「言ったでしょ、私には彼氏がいるって」

チナミはそう言ったくせに目を閉じるんだ。

これって、キスしてくれってことだよな。どっちなんだよ。

まあいいや。キスしちゃえ。

僕はチナミの顎を押さえて、ぶちゅぶちゅっと激しくキスした。

「んっ、やっ」

チナミは嫌がったけど僕はやめない。

そのままカーペットの上に押し倒して、キスしながらブラウスのボタンを外していった。

「待って、シャワー浴びさせて」

チナミは起き上がって服を脱ぎ始めた。

「一緒に浴びる?」

「ああ、いいよ」

チナミにうながされ、僕も全裸になって一緒にシャワーを浴びた。

ボディシャンブーを塗って洗いっこしていると、

「胸ばっかり洗ってやらしい」

チナミは息を荒くして言った。乳首をいじると、立っていられないほど震えている。

股間を洗ってやるといって、逃げるチナミを捕まえて黒々としたヘアの奥に手を伸ばすと、彼女は激しく喘ぎ始めた。

チナミの喘ぎ声がエロくて、僕はもうやりたくてたまらない。

ベッドに戻ったら、すぐ咥えてきた。お返しにクンニしたらチナミのやつ、すごい声で喘ぎまくるんだ。

クンニが終わると、チナミが出してくれたコンドームをつけて、ぐったりした彼女を腰の上に乗せて、騎乗位で挿入した。

奥まで入れると、

「おうっ」

チナミは太いうめき声をあげて、激しく腰を振り始めた。まるで腰だけ別の生き物みたいに荒れ狂う。

チナミの中は締めつけがきつく、奥に進むほど狭くなる構造で、そこに向かって突き入れるからドンドン気持ちよくなってくる。

下から手を伸ばして小ぶりな胸を揉むと、その上に手を重ねてきて、ギュッと僕の手をつかんだ。

かなり感じてるみたいだ。

そろそろエクスタシーが近いなと思ったときだった。

突然玄関でガタンと音がしてドアが開いた。最初に紙袋を持った腕が見えて、

「チナミー、いるかー」という声が聞こえた。

チナミはギャっと悲鳴をあげて、僕の上から飛びのいて布団で顔を隠した。

紙袋の男は玄関で棒のように突っ立ていた。

やべ!

彼氏だ!

どーすんだよ。

チナミは頭だけ隠して下半身丸出しの間抜けな格好で、わーわー叫んでいる。

むき出しの尻を僕に向けてるから、性器が丸見えだ。直前まで僕のペニスを咥えこんでいたそこは、まだ閉まりきらないで指1本くらい黒い穴が開いていた。

チナミが玄関の男に向かって叫んだ。

「あんた、帰るのあさってだって言わなかった? どうして言ったこと守んないのよ!」

「いや、ごめん。喧嘩したままだったから、早く謝りたくて・・・」

「だったら、なんで電話くらいできないの!」

もうムチャクチャだ。

「いや、びっくりさせようと思って・・・」

「もう十分びっくりしたよ」

これは笑えたな。

「これ、くず餅。田舎の名物。ここに置いとくね」

男は紙包みを置いて帰って行った。

あっけなかった。

てっきり修羅場かと思った。いや、修羅場にならなくてよかったけど。

チナミは顔を伏せて泣いていた。

もうセックスどころではない。僕はシャワーを浴びようとベッドから降りた。

するとチナミが僕の手を掴んで、

「ここにいて。お願い!」

とすがってきた。

僕はチナミが泣き止むまで、そばにいてやることにした。

「あの人、どう思う?」

しばらくするとチナミは泣き止んで、僕に聞いた。

「どうって?」

僕はチナミの髪を撫でる。

「あなただったらどうする? 自分の彼女が他の人とエッチしてるの見たらどうする?」

「たぶんめちゃくちゃ暴れるな。殺すかもしれない」

「でしょう」

さっきの彼氏の態度は、僕も変だと思うと言った。

「正直、殺されるかと思ったよ」

「普通そうだよね。でもあの人は自分が謝って帰っちゃうんだ」

僕は、チナミが彼氏と喧嘩する理由がわかったような気がした。

「そうだ、あれ、おいしいんだよ!」

チナミは玄関から、彼氏が置いていったみやげを持ってきた。

バリバリと包装紙を破って中身を出す。

チナミはくず餅を皿に乗せた。

「食べる?」

ひとつ食べたけど、味なんかわからない。

てか、俺が食っていいのか?

チナミは泣きながらくず餅を食べていた。

「あの人、実家に帰るといつもこれ買って来てくれるんだ。なんとかって賞を取った地元の名物だって」

いま、そんなプチ情報いらないし。

なんなのこいつ。

「これ食べるの最後かなあ」

チナミはティッシュで目尻を拭いて、おいしいと言ってまた食べた。

チナミは、残ったくず餅を冷蔵庫にしまってベッドに戻ってきた。

「さ、続きをしようか」

「は、この状況で?」

「だめ?」

彼氏も変だけど、チナミもおかしい。

チナミは、すっかりしぼんでしまったペニスを握ってしごき始めた。

慣れた手つきに、ペニスがすぐ反応する。

半立ちになると、チナミはコンドームを外してペニスを咥えた。こんな状況で僕にフェラチオするチナミの神経もわからない。気持ちいいけど。

完全に勃起すると、チナミはまた上に乗ってきた。尻を落として根元まで入れると、すぐに激しく腰を振って、

「あっ、あっ」

と声を上げる。

チナミは目を閉じて一心不乱に腰を振っていたけど、やがて上半身をくねらせて絶頂に達し、同時に僕も果てた。

シャワーを浴びて、残りのビールを飲んだ。

チナミを抱いて気持ちよかったけど、ぬるいビールみたいに後味が悪い。

チナミはシャワーから出て裸のままでいた。ベッドの上であぐらをかいたり、体育座りしたりしている。

半ばセックスする気が失せた僕を奮い立たせようと、さかんに股間の奥を見せつけてくる。

彼女は、何度もセックスしないと済まないタチらしい。あるいは、彼氏に浮気を見られて変に興奮しているのか。

チナミが新しいビールを持ってきて、立ったまま僕に手渡す。

ビールを受け取るとき、ちょうど彼女のアンダーヘアが僕の目の前だった。

その奥のワレメが濡れていた。

「これからどうするんだ?」

「わからない。決めるのはあっちだから」

チナミがあぐらをかいて、赤い口をあけたワレメがシーツに着地した。

男っぽい性格のチナミは、開き直っているように見えた。ばれたものはしょうがない。そんな感じだ。

あの男では決められないだろうな。チナミのいいようになっていくのは目に見えていた。

「よかったら俺と付き合わないか」

「えっ」

チナミは驚いて僕を見た。

思ってもないことを言われたとき、人はこんな顔をする。

って顔だった。

彼女は返事を濁して、

「考えとく」

とだけ言って、バスタオルを取って風呂場に入った。。

彼女と入れ替わりに僕もシャワーを浴びる。

出てくると、チナミはカーペットの上でファッション雑誌を見ていた。

僕もその前にあぐらをかいて座る。2人とも全裸だ。

この場面だけを切り取ったら、休日を彼女の部屋で過ごす仲のいいカップルに見えるだろうな。

シャワーを浴びたばかりなのに、体育座りしているチナミは、ワレメから粘液が垂れるほどになっていた。

それを見て、僕もビンビンになっていた。チナミが棒のようになった僕の股間を見て笑う。

お互いさまだろ。

僕はベッドに上がり、チナミを手招きした。

チナミが膝に広げた雑誌を畳んで、のろのろと立ち上がる。

よっこいしょとベッドに上がって、仰向けに寝転んだ。

正常位で入れると、チナミはすぐに喘ぎだす。

チナミは美人だしエッチの感度も抜群だ。こういう女はなかなか出会えない。

僕は、せっかく手に入れた彼女を手放したくなかった。いずれは手放すにしても、今日の今日ではあまりに早すぎる。

僕は腰を振りつつ耳元で、彼氏がいてもこっそり付き合いたいと言ってみた。

チナミは、「マジ?」と言っただけで、あとは目を閉じて快感を追いかける表情になった。

僕は、しだいに昇り詰めていくチナミを見ながら、自分も射精が近いのを感じていた。

「あっ、待って、もうちょっとなの!」

切羽詰まった彼女の声に、僕はごめんと言って先に果ててしまった。

僕がチナミの部屋を出たのは、終電が近くなってからだった。

泊まりたかったけど、チナミは泊めてくれなかった。

今夜はひとりで考えたいと言われたら、帰るしかないだろう。

僕は、そのへんにチナミの彼氏が潜んでいないか、警戒しながら歩いた。

大通りに出ると雨が降ってきた。すぐに大降りになって、前が見えないほどになった。これでは駅に着く前にずぶ濡れになってしまう。

僕は近くのファミレスに飛び込んだ。店には、僕のような先客が数人いた。

まあいいや。明日は土曜日だし、雨がやむまでビールでも飲んで待とう。

雨がやんだのは1時間近くたってからだった。

終電はもう終わっている。僕は、チナミに泊めてもらおうと電話したけど、つながらなかった。

ブラブラ歩いて、チナミのアパートまで戻ってみる。

僕のアパートまでタクシーで5千円くらいだと思う。自分の部屋に帰ってもいいけど、チナミの部屋に戻れば、彼女を抱いて眠ることができる。

下半身に漲るものを感じつつ、チナミのアパートの外階段をあがっていく。一番奥が彼女の部屋だ。

雨に濡れた通路を歩いていくと、彼女の部屋のドアノブに、男ものの傘がかけてあった。

彼氏が来てる!

僕は音を立てないようにあと戻りして階段を降りた。

その後、チナミは彼氏とヨリを戻したらしい。

あの夜チナミは、雨の中戻って来た彼氏に、バドワイザーを出したことをグチグチ言われたそうだ。

そこ?

って思うよね。

浮気より、僕にバドワイザーを飲ませたことを責められたってボヤいてた。

「どう思う?」

って聞かれた。

知らないよ。

いまでもチナミからたまにメールが来る。

やっぱり彼氏の愚痴が多いんだけど、彼女とつながりを持っていて損はないと思っている。

人気記事ランキング

  • 週間
  • 月間

出会えるサイトランキング

PCMAX   

アダルト系に強い

セフレ探しならココ一択!

PCMAXの詳細情報を見る

PCMAX公式サイトへ

 

ハッピーメール   

会員が多く出会いやすい

ハッピーメールの詳細情報を見る

ハッピーメール公式サイトへ

 

ワクワクメール

若い子や女子大生が多い

ワクワクメールの詳細情報を見る

ワクワクメール公式サイトへ

-出会い系サイト体験談
-, , , ,

Copyright© 出会い系体験談まとめ , 2020 All Rights Reserved.