出会い系サイト体験談

出会い系で生ハメしたけど地雷女だった

更新日:

出会い系ので生ハメしたけど地雷女だった
久しぶりに出会い系をやったら、バツイチで子持ちの31歳の女が釣れた。

エッチするには手頃かなと思ってメールしたら、すんなりOK。週末に会うことが決まった。

メールをやりとりしていた頃から気が合いそうだと思ったけど、話してみたらやっぱりウマが合う。

フィーリングもバッチリで、もっと早く出会っていたら、こいつと結婚したかもと思うほど惹かれた。

しかも、美人とはいえないけど、そこそこ顔もいい。胸もあるし、元人妻だけあって、男になじんだ雰囲気がなんともソソられる。

女の名前はアイミ。離婚して実家に戻って、今日は子供をおばあちゃんに見てもらってると、聞きもしないのにそんなプチ情報まで教えてくれた。

つまり、今日はゆっくりできるといいたかったようだ。アイミもその気で来ていたんだな。

それなら話は早い。僕は最初から下ネタトークでアイミに迫った。

「どうして別れたの」

「どれくらいエッチしてないの」

「どんな体位が好き?」

いろいろ聞いたけど、どの質問にもアイミは笑いながら答えてくれた。

離婚の原因は夫の浮気。相手はアイミの親友だったそうだ。

エッチは1ヶ月くらいしてない。したくなったら出会い系か、街で声かけてきた男について行く。

好きな体位は、そのときの気分で変わるそうだ。

アイミは、好きな男とは正常位ですると言った。嫌いな男のときはバックが多い。理由は、あまり顔を見たくないから。

嫌いだったらエッチしなきゃいいじゃん、って思って聞いてみたら、

「出会い系やるときはエッチしたいときだから、好きなタイプでなくても流れでやっちゃう」

んだとか。そのときはバックなんですね。勉強になりました。

「ということは、今日もエッチしたい気分なんだ。出会い系で会ってるから」

「いろいろ考えるのね」

フフフとアイミは笑った。

「だったら、口説いてみたら」

「行こうよ、ラブホ」

思僕はストレートに誘って、彼女の返事を待った。

返事を待つ時間がすごく長かった。

「いいよ」

やがて彼女は前髪をかきあげながら、OKの返事をくれた。

ラブホに向かう途中で、アイミを横抱きにしてキスした。

「あっ、だめ。人が見てる」

「だったら人のいないところに行こう」

「なにそれ、どこ?」

そう言うとアイミもその気になって、路地裏までついてきた。

通りから見えないところまでくると、僕たちは抱き合って体をまさぐりあった。

キスしながら胸を揉み、スカート越しに尻を撫でると、息を荒くして悶えた。

アイミのそこは、パンティ越しでもわかるほど濡れていた。

布越しに溝をなぞると体を硬直させ、「あっだめ!」と切ない声を漏らす。

ブラウスのボタンを外してブラの下の乳首を舐めると、アイミは我慢できずに喘ぎだした。

小ぶりのオッパイは白くて表面がきめ細かく、先端は鮮やかなピンク色をしていた。

「ねえ、ここじゃいや。早く行きましょう」

「よし、わかった」

僕は彼女の胸から離れた。

僕は早くアイミを抱きたかった。

通りに出ると、ホテルまで彼女と手をつないで歩いた。

ホテルに入るとすぐ裸になった。キスしながらお互いの服を脱がせていく。

着ているものを脱がせ終わると、アイミをベッドに寝かせて愛撫した。

すでに頬が紅潮しているのがわかる。ワレメをいじるとすぐに喘ぎ始めた。僕はもう待てない。

軽くアイミにクンニすると、彼女を四つん這いにしてバックから挿入した。

「ええっ、もお?」

彼女はちょっと不満そうだったけど、それでも尻を高く突き出して入れやすくしてくれた。

アイミの中に突き入れるたびに、白い尻が小刻みに揺れる。

「あっ、いい!」

激しくピストンすると、アイミは髪を振り乱して悶え狂った。

子供を産んでると言ったが、締りはよかった。それにしても、いつ味わっても人妻やバツイチ女の体はいいものだと思う。

男の体になじんでるから、気持ちよくチンポを迎えてくれる。男の欲望を満たすために、彼女たちはいるのだ。

途中で正常位に変えてさらに突き上げる。僕は胸を揉み、乳首を吸いながら腰を振った。

コンドームをつけてないことを思い出し、どうするか聞いた。

「中は絶対だめ」

というので、最後はアイミのお腹を汚して終了した。

「キャー、なんて多いの! シーツに垂れちゃう!」

アイミは笑いながら、ティッシュで拭き取ってくれた。

シャワー浴びたあとでフェラしてもらって、もう一度アイミを抱いてその日は別れた。

「よかったら、これからときどき会ってもらえない?」

帰り際、アイミのほうからそう言ってきた。

出会い系は危険もあるから、そろそろやめたいのだそうだ。気に入った男がいるなら、いろんな男に身をまかせるより、そのほうがいい。

もちろん僕は、

「いいよ」

と答えた。

アイミが自分から、僕専用の女になると言ってくれたのだ。悪い気はしなかった。

当分再婚する気はないというから、しばらくアイミの体を楽しめるだろう。

「そうだ、これ見て」

そんなことを考えていたら、急に彼女が子供の写メを見せてきた。

かわいいねと言ったらーそう言うしかないがー、今度連れてこようか!

なんて、突然の地雷発言。

「うん、いいよ」

内心、この流れはまずいと思ったけど、特に拒否する理由も見つからず、そう答えてしまった。

「よかった、うれしい!」

まあいいさ。子供に会うだけだ。それだけのことだ。

僕は自分にそう言い聞かせて、目を閉じてキスをせがむアイミにくちづけをした。

人気記事ランキング

  • 週間
  • 月間

出会えるサイトランキング

PCMAX   

アダルト系に強い

セフレ探しならココ一択!

PCMAXの詳細情報を見る

PCMAX公式サイトへ

 

ハッピーメール   

会員が多く出会いやすい

ハッピーメールの詳細情報を見る

ハッピーメール公式サイトへ

 

ワクワクメール

若い子や女子大生が多い

ワクワクメールの詳細情報を見る

ワクワクメール公式サイトへ

-出会い系サイト体験談
-, , ,

Copyright© 出会い系体験談まとめ , 2020 All Rights Reserved.