出会い系サイト体験談

出会い系で出会った色白巨乳

ほとんどの出会い系サイトには、1日1回無料で投稿できる掲示板があり、そこから1週間ほど女の子と連絡を取り合っていました。

そこで繋がった女の子と1週間ほど連絡を取り合っていました。メル友募集の掲示板だったのですが、しばらくして実際に会うことになり、会ってみると、黒のシースルーのミニワンピースを着ていて、胸が強調されていました。

髪はバレッタでアップにしていて、うなじがとてもセクシーでした。

彼女は急いでいると言っていたので、一休みしてカフェに行き、いろいろと話をしました。

彼女はパチンコ店のホールスタッフとして働いていて、北海道から上京してきたばかりだと教えてくれました。

"もう寮に帰りたくもない!あそこの人たちはつまらないし

もう寮には戻りたくもないと言っていました。

「というか、さっきからずっと見てるよね?エッチ。」

そう言って笑顔で言ってくれたので、店の中にいてもチンポがズキズキしてきました。

そして、スカートを押さえていたので、さらに胸が強調され、目の保養になる谷間ができていました。

 

男って大変だね。

絶妙なスタイルで胸に目が釘付けになりましたが、脚を組み替えるたびにパンツがチラリと見えて、正直エロさが倍増しました。

店を出て、彼女の買い物に付き添った後、彼女が「どこでもいいよ」と言うので迷わずラブホテルに向かいました。

滞りなくチェックインすることに成功した私は、これはもうイケルと思った。

彼女は私に話しかけても平気で、セクシーな衣装と上京してきたばかりということもあって、仲良くなれば誰でもセックスできるということが容易にわかりました。

私は部屋に入り、彼女をベッドに押し倒しました。彼女は腕を背中に回してキスをしてきて、お互いの舌が絡み合いました。

キスをしながら彼女のドレスを引き上げ、パンツがチラリと見えるようにして、彼女のアソコを刺激し始めました。

八重歯が見える彼女の口からはかすかなうめき声が漏れ、私は彼女のパンツを引きずり下ろしてマンコを触り始めました。

彼女のアソコは既にびしょ濡れになっていて、見た目通りのエロさを実感しました。

私がゆっくりとかき混ぜて激しく引き抜くと、彼女の手が私の脚の間に伸びてきました。

一瞬足を止めると、私は彼女の裸を剥ぎ取り、彼女はパンツとショーツを脱ぎ捨てました。

彼女は何も言わずに舌先で俺のチンポを舐め始め、音を立てながら吸ってきました。

そして八重歯がいい感じで俺のチンポに当たり、いい刺激を加えてくれました。

彼女が僕のチンポをしゃぶっている間に、カフェでずっと気になっていた彼女のおっぱいを揉んであげると、彼女は僕を見上げながら右手で僕のチンポをしゃぶってくれました。

彼女が「横になって」と言った時、僕は彼女のチンポをしゃぶり終えて挿入しようとしていたのですが、彼女が「横になって。」と言われました。

彼が「横になって」と言った時、私は彼のチンポを吸い終えて挿入しようとしていたので、仰向けに寝ました。

 

私が動かないうちに、彼女は腰を振り始め、大きなおっぱいがゆらゆらと揺れて喘ぎ声をあげていました。

乳首が突き出ていて、恥ずかしがる様子もなく、どんどん激しく動き続けていました。

めっちゃ気持ちいい!

彼女のおまんこは、前後にグラインドしながら美味しそうな音を立てて、俺のチンポをどんどん硬くしていきました。

 

ここまでは何もしていませんでした。俺がチンポを挿入した後も、騎乗位で腰を振り続けた。

本当にラッキーでした。

"いや...いや...イクよ...イクよ...。イク!イク!イク!イク!イク!イク!

彼女の動きが止まった瞬間、正常位に体位を変え、今度は俺が腰を振っていました。

彼女の動きが止まった瞬間、俺は正常位に体位を変えた。

 

体位を変えてから射精するまで1分以上も持たなかったと思うくらいエロかった。

体位を変えてから射精するまで1分も持たなかったと思います。俺が彼女の顔中にセーシを撃ちまくった後も、彼女は俺のチンポを絞り出すようにしゃぶってくれた。

彼女は北海道出身で、肌が白くてきめ細やかな美人でした。

 

 

-出会い系サイト体験談