出会い系サイト体験談

出会い系で出会った可愛いポッチャリ巨乳女子に生中出し

投稿日:

 

 

出会い系で出会った可愛いポッチャリ巨乳女子に生中出し

サユミは小柄で丸顔のかわいい女の子。ちょっぴり太めだけど、巨乳なので、僕としては合格ラインだった。

待ち合わせして公園を散歩していると、急に雨が降ってきた。

あいにく傘もないし、すぐやむだろうと思っていたらドンドン強くなって、とうとう土砂降りになった。

「もう、ずぶ濡れだね」

「びっくりー」

屋根のあるところで雨宿りしたけど、サユミはびしょ濡れで、ピンクのブラが完全に透けていた。

濡れたスカートが下半身に張り付いて、パンティの柄までわかるほどだ。歩くたびにスカートがまとわりついて、ひどくなまめかしかった。

「あーあ、ズボンもぐちゃぐちゃだ」

「私もー。パンツまで濡れてるー」

サユミが何でもなく言った言葉が僕の下半身を直撃する。

「俺んち近いから乾かしていかない?」

「いいの? じゃあそうする」

サユミはすんなりついてきた。

待ち合わせ場所が、僕のアパートに近くてラッキーだった。

「シャワー浴びる?」

「うん、ありがとう」

雨のおかげで、こんなに短時間で急展開することができた。僕は風呂場に向かう彼女の背中を見て、心臓がバクバクしていた。

シャワーの音が聞こえてきた。女の子が僕の部屋でシャワーを浴びてる!

そう思っただけで、チンコが言うこときかなくなりそうだった。

サユミは、貸してあげたTシャツとジャージを着て出てきた。何でもない普通のジャージなのに、女の子が着ると、どうしてこうもかわいく見えるんだろう。

濡れた服を干したいというので、ハンガーを出してあげると、自分でかけ始めた。最後にパンティとブラジャーも干した。

うしろで見ていたら、「やだ、見ないでよ、エッチ」と叱られた。

あれが干してあるということは、彼女はいまノーパン、ノーブラなんだ。

僕はどうしてもこの先を期待せずにはいられない。

今度は僕がシャワーを浴びた。風呂場で服を脱いでいると、サユミが使うドライヤーの音が聞こえた。

熱めのシャワーを浴びて体を洗う。チンコを洗いながらこれからのことを考えていたら、どうしようもないほど勃ってきた。

落ち着け!

この流れだったら間違いなくやれる。僕は高鳴る胸を押さえて、新しい下着に着替えた。

どういう手順でいけばいいのかわからなかった。

生身の女の子を前にして、うまい作戦なんて考えられない。こうなったら、なるようになれだ。

僕は手鏡で顔を手入れしているサユミのうしろに近づいた。

「あー、まだ濡れてるね」

僕はしらじらしいことを言って、バスタオルで彼女の首のあたりを拭いてあげた。本当は濡れてなんかいないんだけど。

「ありがとう」

彼女はそう言ったけど、チラチラ僕のほうを見て、明らかに警戒していた。

首を拭きながら、色白のなめらかな肌を見ていたら興奮が止まらなかった。

「ありがとう、もういいよ」

そう言って一瞬こっちを向いたサユミにキスすると、意外にも抵抗はしなかった。

イケると思った僕は彼女の前に回って、今度は濃厚なディープキスをした。

ぶちゅぶちゅと舌を吸って唇を舐める。途中から彼女も厚みのある舌を差し入れてきた。

抱きついてオッパイを揉むといい感触だった。柔らかいボールが、僕の指のとおりに形を崩していく。

「やだ、恥ずかしいよー」

彼女は顔を赤らめた。

乳首をいじると、「あん」とかわいい声で悶える。

おっぱいを揉むと、色白の肌の下に青い血管が透けて見えた。

サユミの乳輪は小さく、乳首もピンクで、全体的に硬く幼い感じがした。あまりセックスの経験はなさそうだけど、出会い系をやってる子だからどうかな。

おっぱいを揉んでいると、「あん、あん」と甘い声を出すようになり、クンニすると、そこはもうドロドロになっていた。

ピチャピチャ音をたてて舐めまわすと顔を赤らめ、「恥ずかしい、恥ずかしい」を連発していた。

フェラするときは絶対顔見ないでって言ったけど、そういわれたら逆に見ちゃうよね。

僕がガン見する中、サユミは口元を手で隠しながら、かわいくフェラしてくれたよ。

フェラのあとでチンコを入れた。

サユミは愛汁が多くて、チンコを出し入れしていると、乾いた愛汁がチンコにまとわりついて、カスがたまったようになっていた。

サユミはずっと「あん、あん」って喘いでいた。

僕が気持ちよくなってくると、彼女は僕の足に下から足を絡めてきた。

そして、

「気持ちいいでしょ」

と目を細めて笑ったんだ。その顔見てゾクゾクってしたよ。

確かに密着度が深くて気持ちがよかった。しっかり足を絡めて、捕まえたって感じが妙にエロかったな。

サユミの喘ぎがしだいに大きくなってきたので、

「イケそう?」

と聞くと、

「まだイったことない」

そう言ってサユミは唇を舐めた。

「私はいいから、あなただけイって」

彼女はそう言うと、僕の首に腕を回してきた。

「わかった」

僕は激しく腰を振ってラストスパートの態勢に入り、やがて彼女の中で気持ちよく中出し射精した。

人気記事ランキング

  • 週間
  • 月間

出会えるサイトランキング

PCMAX   

アダルト系に強い

セフレ探しならココ一択!

PCMAXの詳細情報を見る

PCMAX公式サイトへ

 

ハッピーメール   

会員が多く出会いやすい

ハッピーメールの詳細情報を見る

ハッピーメール公式サイトへ

 

ワクワクメール

若い子や女子大生が多い

ワクワクメールの詳細情報を見る

ワクワクメール公式サイトへ

-出会い系サイト体験談
-, ,

Copyright© 出会い系体験談まとめ , 2020 All Rights Reserved.