出会い系サイト体験談

出会い系で会った女社長をセフレにした体験談

更新日:

出会い系で会った女社長をセフレにした体験談会い系にはヤリマンが多いようにいわれるけど、実はそれほどでもない。

でも、中にはすげーって思うヤリマンがいるのも事実。

カナコはそんな女だった。

彼女は30歳。見た目は普通のOLに見えた。

会う前に何度もメールでやりとりしたけど、きっと僕以外の男ともメールしていたと思う。

彼女は、その中で僕に的を絞ってくれたようで、会ってもいいよと言ってくれた。

待ち合わせ場所に行くと、背の高い、ショートヘアの女が立っていた。

肌は浅黒く、ちょっと太めの女だった。

その分胸も大きくて、揉み心地がよさそうな、ハメ頃の女だ。

彼女を喫茶店に連れて行き、まずは自己紹介。

カナコは、付き合ってる男が3人いると言った。みんな出会い系で知り会った男で、自分なりに厳選した男たちなんだとか。

セックスがタフな男を厳選したという意味らしい。

その中に、ぜひ僕も加えたいと彼女は言った。

僕が入ると4股になるわけだ。こういう関係はトラブルを起こす可能性があるから、考えものだ。

病気のこともあるし、3人がどんな人間かもわからない。

ただ、カナコには不思議な色気があって、ぜひ抱いてみたいと思わせる女だった。

結婚歴はないようだけど、どこか人妻的な雰囲気があって、男を惹きつける魅力がある。

半開きのやや厚ぼったい唇は、フェラチオさせたら気持ちよさそうだ。

ほのかに香る香水は、カナコの体臭といい具合に混ざり合って、男の股間を刺激する香りを放っていた。

「嫌ならしかたないけど」

黙っている僕を見て、カナコが口を開く。

「いや、そんなことはない」

僕は考えていただけだと言った。

カナコは納得しないようだ。

「考えてるということは、迷ってるってことね。つまり、二つ返事でOKできない」

「まあそうだね」

「迷ってる理由は聞きません。結論はあなたが出してくださいね」

どうも結論を急ぎたがる癖があるようだ。

あとでわかったんけど、彼女はブティックを経営する女社長だった。

常に素早い決断を求められる立場だから、プライベートでも結論を急いでしまうのだろうか。いや、もともとせっかちな性分なのかもしれない。

このあと、カナコの行きつけの店で飲んだとき、カナコが女社長だと聞かされた。現金な僕は、それなら付き合って損はなさそうだと考えを変えた。

僕は、彼女の4番目の男になることを決めた。

そこは、おしゃれな和食の店だった。イタリアンかなんかを想像していたから、意外な気がした。

「あなたくらいの年齢の男性なら、こういう雰囲気がいいかと思って」

なるほど、気配りは行き届いてるみたいだ。

この店は仕事の打ち合わせにも使うのだろうか。

そう思って聞いてみると、仕事とプライベートは行く店を分けていると言った。

そりゃそうだろうな。

仕事で使う店に、出会い系の男を連れて行くのはどうかと思う。

彼女が出会い系遊びをしていることは、会社関係には絶対に知られてはならないはずだ。

子供を産んでいないカナコの肌は、まだ若々しかった。

もっとも、それは熟女好みの僕が、最近ゲットした熟女とくらべて言ってるだけなんだけど。

乳房も十分な張りがあって、しっとりした肌の表面は、手のひらに吸いつくようになめらかだった。

感じてくると額にうっすらと汗を浮かべ、洗い息を吐いてしがみついてくる。

「結構大きいね」

ペニスを見たら、宝物を見つけた少女のように目を輝かせ、それから品物を吟味する大人の女の表情に変わった。

挿入して突き上げると、豊かな乳房がピストンの動きに合わせて上下に揺れる。

きれいに手入れされたアンダーヘアは、彼女の経営者らしい細かい性格を表しているように思えた。

膣の内部は締まりがよく、適度な圧力でペニスを迎えてくれる。

突き入れるたびに、彼女の喉から絞り出される声が僕の脳天に響いて、ただでさえフル勃起のペニスをさらに奮い立たせた。

フェラチオのテクニックも素晴らしくて、いつまでもペニスを咥えて離さない。

これまで、彼女に夢中になる男がいっぱいいたことだろう。

僕は、カナコの下腹部に古い手術痕があることに気がついた。クンニすれば、嫌でも見える位置にその傷はある。

「手術したんだ」

「気がついた?」

カナコは笑っていた。

子宮頸がんで子宮を摘出したと言った。転移の心配はないだろうと医者は言ったそうだ。

「だから避妊はしなくていいの。どう、便利な女でしょ」

彼女は自虐的に笑った。

僕はどう答えていいかわからず、愛想笑いで流した。

1回目のセックスを正常位のまま終わると、少しインターバルをおいて、今度はカナコに求められてバックから挿入した。

強く突き入れると、彼女は仕事のストレスを吐き出すように激しく喘ぎ、体を小刻みに震わせて絶頂を迎え、そのままシーツの上に突っ伏して動かなくなった。

これが、カナコとの最初のセックスだった。

特にこれまでの女と変わったところはない。

しかし、2度目に会ったとき、彼女はこう言った。

「この次は、他の男性も一緒でいいかな」

「かまわないよ」

僕はそう答えた。

なるほど、そういうことだったのか。

この女は、男全員を一度に相手にするんだ。

僕を加えたということは、3人では足りないということか。

「みんなあなたに会いたがってる」

カナコはそう言った。

この際だから、他の3人のメンバーと会ってみるのもいいかもしれない。

「終わったあと、みんなで飲みに行くのよ」

と彼女はつけ加えた。

「それはいいな」

僕はそう答えたけど、ちょっとおぞましいものを感じながら、前に彼女と行った和食の店を思い出していた。

人気記事ランキング

  • 週間
  • 月間

出会えるサイトランキング

PCMAX   

アダルト系に強い

セフレ探しならココ一択!

PCMAXの詳細情報を見る

PCMAX公式サイトへ

 

ハッピーメール   

会員が多く出会いやすい

ハッピーメールの詳細情報を見る

ハッピーメール公式サイトへ

 

ワクワクメール

若い子や女子大生が多い

ワクワクメールの詳細情報を見る

ワクワクメール公式サイトへ

-出会い系サイト体験談
-, , ,

Copyright© 出会い系体験談まとめ , 2020 All Rights Reserved.