出会い系サイト体験談

出会い系で会ったセフレ女を友人に抱かせた体験談

更新日:

ハッピーメールは欲求不満清楚系ビッチの巣窟だった体験談

ユキナとは出会い系サイトで知り会ってセフレになった

何度かメールをやりとりして、それから会うことになったんだけど、すぐにラブホに行ったりしなかった。

ユキナと初エッチしたのは3回くらいデートしてからだったかな。

ユキナは美人というほどではないけど、けっこうかわいらしい顔をしている。

 

巨乳でスタイルがよくて、エロいカラダをしていた。

しかも、酒が入るとさらに色っぽくなって、男ならほっておけなくなるタイプだった。

ある日、友人が遊びに来たので、ユキナを呼んで一緒に宅飲みした。

友人はあまり酒が強くないので、1時間ほどで酔い潰れてしまった。

それからユキナと飲んでいたら、ついムラムラして、つい彼女を押し倒してしまった。

友人がそばで寝ているから、僕はよけいに興奮して止まらない。

ユキナも友人のことが気になって、

「だめよ、絶対だめ」

と言っていたけど、愛撫しているとだんだんその気になってきた。

 

 

友人に気づかれないように、隣の部屋に移動して愛撫を続けた。

ユキナは服を脱ぐのを嫌がったので、下だけ脱がせることにした。

Tシャツをめくりあげて乳房に顔を埋める。

自分の重さで左右に広がった乳房を中央に寄せて吸うと、早くも喘ぎ始めた。

やや大きめの乳輪を舐めると声を殺して喘ぎ、固くなった乳首を指でつまむと、口を押さえて悶えた。

ユキナは、慣れた愛撫に反応して、いつものように喘ぎ声を上げる。

僕たちは、いつしか友人がいることを忘れて夢中になっていた。

 

 

そして、やっぱり友人が目を覚ましてしまった。

「よお」

部屋の入口に立って覗く友人に、僕は照れてそんな挨拶をしていた。

エッチを他人に見られるって人生初だったし、動揺していた。

友人もどうしていいかわからず、

「ども」

なんて返していた。

「もうマジやだ。最低」

ユキナはTシャツを下に引っ張って露出を隠そうとする。

だけど、下半身がつながったままだから隠しようがなかった。

僕はゆっくりピストンを再開した。

「ウソでしょ、あり得ない!」

ユキナが起き上がろうとするのを、押さえ込んで腰を押しつける。

「ああ、やだ、あーっ、あーっ」

ユキナは恥ずかしいのか、壁のほうに顔を向けて小さく喘ぎ始めた。

一度ユキナから離れて、彼女の体を裏返しにする。

「え、なに、なに」

四つん這いにしてうしろから入れようとすると、

「うわー、ないない、無理無理」

と、ユキナが騒ぎ出した。

ユキナは布団を引っ張って、丸見えになった下半身を隠そうと必死だ。

僕はその隙を狙って、ペニスをズブリと差し込んだ。

「わわっ、マジでぇ!」

奥まで入れると、ユキナは観念したのか、おとなしくなった。

ところが、本格的に突き入れようとすると、

「やめてよ、マジ、だめだって」

彼女は笑いながら、前に逃げようとする。僕は腰をつかんで引き戻してまた突き入れた。

僕たちがそんなことをしている間に、友人は隣の部屋に戻っていた。

何となく気まずくなって、僕は射精した。

 

服装をととのえて、友人のいる部屋に戻ってまた飲み始めたけど、微妙な空気。

僕はその雰囲気に耐えられなくて、ユキナにこう言ってしまった。

「なあ、こいつにもやらせてやってよ」

そう言ったのは酔ったせいだったかもしれない。

「なにそれ、マジで言ってんの?」

「だめか?」

「だめだめ」

ユキナはそう言ったけど、ちょっと考える顔をした。

「わかったから。シャワー浴びてきて」

彼女は僕にではなく、友人に向かって言った。

「えっ、マジでいいの? お前の彼女だろ」

友人は僕を見て言った。

「ユキナがよければ、俺はいいよ」

そう言ってもう一度ユキナの顔を見た。彼女は僕と目を合わせなかった。

どうせ出会い系で知り合った女だ。一度くらい友人に抱かせたってかまやしない。

「いいよ、私は。だって、ひとりだけエッチできないなんてかわいそうだもんね。そうでしょ?」

そう言って彼女は僕の顔を見た。

僕は黙ってうなづいていた。

友人がシャワーを浴びて戻ってくると、今度はユキナが浴びた。

僕はユキナは出会い系で知り会った女だと友人に明かした。

「お前の彼女ってわけでもないんだ」

「うん。だから遠慮はいらない」

「そうか」

友人は少し緊張が解けたような顔をした。

ユキナが戻ってくると、2人は隣の部屋に入って仕切りのふすまを閉めた。

テレビのボリュームを上げて床に寝転ぶ。

僕は、軽いノリでユキナを抱かせると言ったことを少し後悔していた。

「あっ、うっ」

突如ユキナの呻き声が聞こえて、すぐ静かになった。あとは何も聞こえない。

僕は意味もなく、リモコンのチャンネルを回した。

ユキナは出会い系で会った、ただのセフレのはずなのに、胸が苦しいのはなぜだろう。

30分ほどして、2人が部屋から出てきた。

ユキナは顔が紅潮していた。明らかにイったあとの顔だとわかる。ユキナが他の男に抱かれてイったんだ。そう思ったら、なぜか切なかった。

僕はビールを出してきて、何事もなかったようにまた飲もうとしたけど、言葉が途切れて会話が続かなかった。みんなが後悔していた。

人気記事ランキング

  • 週間
  • 月間

出会えるサイトランキング

PCMAX   

アダルト系に強い

セフレ探しならココ一択!

PCMAXの詳細情報を見る

PCMAX公式サイトへ

 

ハッピーメール   

会員が多く出会いやすい

ハッピーメールの詳細情報を見る

ハッピーメール公式サイトへ

 

ワクワクメール

若い子や女子大生が多い

ワクワクメールの詳細情報を見る

ワクワクメール公式サイトへ

-出会い系サイト体験談
-, , ,

Copyright© 出会い系体験談まとめ , 2020 All Rights Reserved.