ハッピーメール 出会い系サイト体験談

出会い系アプリでちょいブス処女を狙って簡単にセックスする方法

投稿日:

出会い系で処女とエッチする方法

 

出会いの形は様々、合コンでも出会い系サイトでも見ず知らずの者が知り合うのは同じなのですが、出会い系サイトでの出会いには偏見を持つ者は少なくありません。出会いの形がどうであれ、男も女も求める先にあるのはエッチ、合コンでは紹介者に迷惑を掛けられないため、知り合った女性に変なことは出来ないのですが、出会い系サイトでは当人以外の者を介していないため、当人同士が良ければ何も問題はありません。

 

野菜でも肉でも売れるのは新鮮なものから、今の御時世は多少高くても良いモノが好まれる傾向にあり、このことは出会い系サイトでも同じです。出会い系サイトでも需要があるのは第一に若さ、次に容姿、最後に性格、出会い系サイトの目的が真面目なお付き合いであるとすれば性格が重視されるでしょうが、同サイトの利用者の多くはエッチを目的としているため、性格より見た目が重視されます。
容姿より若さが求められるのは処女性が好まれるから、歳が若いほどエッチ経験が少ないと考えるため、男は若さを求めます。

 

容姿を求めるうちは、まだまだ半人前、部屋を暗くさえすれば容姿なんてものは関係がなく、いくら美人でも股を開くだけで何もしてくれないと、つまらないものです

 

 

ハッピーメールで出会った30代処女を狙い撃ち

出会い系サイトで知り合ったオナペットのマドカは39歳、彼女をオナペットに出来たのは彼女がブスだから、性格が悪くても可愛ければ男にチヤホヤされるのですが、マドカは姉妹からもイジメられるブス、イジメられるのが嫌なマドカは女子校に進学、そこではイジメられることはなかったらしいのですが、ブスな彼女を誘う友人はおらず、卒業するまで殆ど誰とも彼女は話すことはありませんでした。

顔がブスだと、心までブスに、ブスなマドカは社会に出ても相手にされることはなく、家に居ると姉妹からからかわれるため、一人暮らしをすることになりました。

 

一人暮らしをしたことで姉妹から誂われることは無くなったのですが、相変わらず性格もブスだったため、30歳を過ぎても恋愛経験はゼロ、このまま女の歓びを知らないで人生が終わるのかと悲観した時にSNS上の知り合いに勧められたのが、私と知り合うことになる出会い系サイトでした。

 

出会い系サイトでの私は、片っ端からメッセージを送る「下手な鉄砲も数打てば当たる」の戦術を得意としており、それにヒットしたのがブスのマドカ、仕事以外で男からメッセージを貰ったことない彼女は、SNS上の知り合いに相談をしました。SNS上の付き合いのため、相談された方も「とりあえず会ってみたら」と適当な返事、それをマトモに受け止めた彼女は私に返信、経験がある者なら時間を掛けて相手のことを探るのですが、経験ゼロの彼女は疑うことを知らず、初めての返信メッセージが届いてから3日後には会うことに。

 

 

待ち合わせ場所は彼女が勤める会社の最寄駅、会う前に写真を送ってと頼むと警戒をされるため、どんな子が来るのか分からずドキドキしながら待っていると彼女からメール、着いたことを知らせるメールだったため、周囲を探したのですが、居たのは数分前から居るブスだけ、「もしかして、このブスがマドカ?」と思ったのですが、そのブスと目が合ってしまったので、今さら無視をすることは出来ませんでした。

 

女性
「遅れてすいません、マドカです。」

私は「やっぱり、このブスがマドカだったか」と思ったのですが、待ち合わせをしたのが仕事を終えてからだったため、まずは食事をすることに、ブスを連れて歩くことには抵抗があったのですが、頭の中で彼女はお客様と言い聞かせ、連れて行ったのは個室がある居酒屋。

 

 

お客様として接する場合でも、相手のことを知らないと何も始まらないため、仕事のことや住んでいる場所のことを聞いていると、彼女が独身であることが分かり、更に話を深めると交際経験すらないことも知ってしまいました。彼女と入ったのが昼間のレストランであったなら正常な判断が出来たでしょうが、彼女と訪れたのは居酒屋、お酒に酔った影響もあり、私の思考回路に問題が生じ始めました。
私はつい最近、職場の後輩であるOLと不倫の関係を清算したばかり、別れるに至ったのはそのOLが私以外とも関係を持っていたから、既婚者の私が言える立場ではないのですが、貞操観念の低い女性のことをウンザリしていました。そのタイミングで交際経験ゼロの彼女が現れたため、徐々に興味を持ったのは私の方から、出会い系サイトには既婚者であることは載せてなく、マドカは私が既婚者だと相手にしなくなると考え、これ以上互いのことを探ることは止めました。

 

二人とも飲酒をして酔っていたため、その日はタクシーで彼女をアパートまで送り別れました。
交際経験ゼロでアパート暮らしとなれば、容易に一人暮らしであることを推測出来たため、テンションが高くなった私は再び彼女と会うことに、1回目の待ち合わせを社交辞令と受け止めていた彼女は、私の誘いに乗ってくれました。

 

彼女のアパートで飲んでからのセックスへ

2回目の待ち合わせは金曜日、どこのお店も賑わっていたため、彼女のアパートで飲むことに。交際経験ゼロの彼女は男の私を警戒していたと思うのですが、彼女は婚期をとっくに逃した39歳、このまま何もしないで女を終わらせることに危機感を抱いた彼女は、私を部屋に入れてくれました。

中年女性の部屋は女っ気が全くありませんでしたが、疲れを癒せるようベッドにはお金が掛かっており、このベッドなら十分楽しめると思った私は、ネクタイを外しラフな格好に。彼女は脱いだスーツをハンガーに掛けてくれた後は、お酒にあうツマミも作ってくれて、容姿さえ気にしなければ満更でもなかったため、彼女を私の横に座らせて酒を飲むことにしました。
お酒を飲む男性なら、この程度の流れは良くあることなのですが、彼女は交際経験ゼロ、体は大人でも心と考えは子供のまま、私が肩に手を回すと彼女の体はガッチガチに固まってしまい、逃げる気配を感じなかった私は、彼女の首にキスをしました。

 

 

彼女にとってのファーストキスが、性感帯でもある首だったため、彼女の顔や首はみるみる赤くなり、それが面白かった私は唇にもキス。彼女は中学生のように目を瞑ったままキス、中学生同士ならキスだけで満足出来るのかもしれませんが、私は一通り経験をしている大人、相手が交際経験ゼロであろうが、大事なことは自身の欲求を満たすこと、彼女は肩に手を回された時点で体はガッチガチに固まっていたのですが、私のペニスもガッチガチに。

仕事帰りであったため、疲れを癒やしたい私は彼女に「お風呂沸かしてくれる?」、いくら交際経験ゼロでも、この流れで私だけ風呂に入って終わりとはならないことは、39歳なら分かるはず。
シャワーを浴び風呂に浸かっていても、彼女が入ってくる様子はなかったため、私は全裸のまま彼女がいる部屋に、それに気付いた彼女は見ないようにしているのですが、私が半ば強引に彼女を浴室へ連れて行こうとすると「ちょっと待って」、この場に及んで自身が交際経験ゼロであることを言うのが恥ずかしいと思ったのか、私が風呂に浸かって待っていると、バスタオルで前を隠した彼女が明かりを消して浴室に入って来ました。

管理人
「はじめて?」

女性
「はい」

管理人
「誰でも初めては不安なもの、心配はいらないよ。」

 

やっぱり処女とのエッチは楽しい

浴室から出た私達はベッドへ、広いベッドであったため、大人が並んで寝られるスペースは十分にあるのですが、ここで彼女に考える時間を与えるとチャンスを逃すことになりかねないため、ベッドに入った私は速攻でエッチを始めました。
いきなりのエッチで彼女は

女性
「ちょっと待って」
を連発、しかし私は彼女の意見に耳を傾けることはなく、唯一聞いてあげたことは部屋の明かりを消すこと、それを最後にあとは私がやりたいまま、今日はヤルと決めていたためコンドームは持参していました。

いつもは女にコンドームを付けさせるのですが、彼女はこの先に起こるだろう初体験時の痛みで頭がいっぱい、案の定、エッチが初めての彼女は痛がり、その声が外に漏れないか彼女は心配をしていましたが、このアパートは彼女が借りているため、彼女が大声を出そうが私の知ったことではなく、私の興奮度は彼女が痛がる度に増してしまいました。

無理やりの挿入だったため、終始気持ちが良いことはなかったのですが、初モノとヤれた満足感は大きかったです。初エッチから3ヶ月程が経つ現在も彼女は痛がりますが、私にとっては窮屈なアソコにペニスを挿入できるのですから、快楽でしかありません。

3ヶ月も付き合っていると、私が既婚者であることは彼女も薄々気付いているのですが、私以外に彼女を抱く男が現れない限りは、ブスな彼女から別れ話を持ち出されることはないでしょう。

人気記事ランキング

  • 週間
  • 月間

出会えるサイトランキング

PCMAX   

アダルト系に強い

セフレ探しならココ一択!

PCMAXの詳細情報を見る

PCMAX公式サイトへ

 

ハッピーメール   

会員が多く出会いやすい

ハッピーメールの詳細情報を見る

ハッピーメール公式サイトへ

 

ワクワクメール

若い子や女子大生が多い

ワクワクメールの詳細情報を見る

ワクワクメール公式サイトへ

-ハッピーメール, 出会い系サイト体験談
-, ,

Copyright© 出会い系体験談まとめ , 2020 All Rights Reserved.