出会い系サイト体験談

【埼玉県のエロ体験談】深田えいみ似のDカップ美少女をセフレにした

投稿日:

【埼玉県のエロ体験談】深田えいみ似のDカップ美少女をセフレにした

 

男友達のセフレだった深田えいみ似の美少女

出会い系を使うとき、たまに俺は友人と一緒にやる

「こっちは男2人だから、そっちも女の子2人でどう?」

と誘うと、女も安心するのか出会える可能性が高くなる

でもユキはひとりできた。

ユキは深田えいみ似の美少女である。

友達は急用で来られなくなったようだ。

ユキには、俺とタクヤのどっちかを選んでもらうしかなかった。

彼女は決められず俺とタクヤの双方の連絡先を交換してこの日は解散した。

けれども、ユキから俺にメールはなかった。

 

彼女はタクヤと交際しだしたんだ。

ユキはカワイイ子だから、残念だったがしゃあない。

タクヤは俺に配慮して、ユキと会うときは俺も誘ってくれたけど、逆にみじめでした。

そういうのがあってしばらく後ユキと偶然出会った時、何故かユキはタクヤを愚痴り始めた。

タクヤは、ユキのおっぱいに噛みついて歯型をつけようとしたらしい。

俺はタクヤの性格を把握しているけれども、歯型をつけるのは、ユキの浮気を疑っているんだと考える。

「ユキちゃん正直、浮気してるでしょ」

彼女がキョドった。

恐らく浮気してたかも知れないな。

「ユキちゃん、タクヤと別れたい?」

そう聞くと、ユキは黙って答えなかった。

「もし別れるんなら、俺と1回でいいからセックスしてよ」

「は?。あんたの友達でしょ」

受け流そうとするユキに俺は食い下がった。

「俺、本当はユキちゃんが好きだった。それはわかってたでしょ」

そう言ったら、ユキは黙りこむ。

「だけどユキちゃんはタクヤを選んだ。俺、悔しかったよ。ユキちゃんだったら、絶対セックスしたいよ」

 

「もういいわかったよ」

と言って、俺を落ち着かせようとした。

だけど、俺もこういった現状でもう後戻りすることはできない。

もうユキとヤルしかない。

いや、絶対にユキとセックスしたい! そう思ったら、彼女の前で土下座していた。

「1度だけ、すぐ終わるから!」

「ちょっと、やめてよ。人が見てるよ!」

「だったらうんって言ってよ」

俺は彼女が 「やめてよ」 というのを無視して、

「1度だけ、さきっちょだけだから!」

と何度も繰り返した。

人が見てたってかまうもんか。

これでユキとセックスできるなら何でもする。

恥ずかしいのはユキも同じだった。

まわりの人は、俺とユキを交互に見て通ったから。

ようやく根負けしたユキが俺の前にしゃがみ込んでこう言った。

「1回だけだからね。すぐ終わってよ。ゴムもつけて」

 

頼み込んでセックスさせて貰えることになった

 

本当にエッチさせてくれるとは思わなかった。

顔を上げても、ユキは俺と目を合わせなかった。

「どこでする?」 俺の声はちょっと震えていた。

「私の部屋」

その後

20分くらいでユキの家に着いた。

俺が手をつかんでベッドに引っ張ると、ユキは俺の顔を見ないで仰向けに寝た。

俺はつばを飲み込んで、震えるユキの体に覆いかぶさる。 キスをしようとしても拒否される

 

 

俺はキスより先におっぱいを揉むことにした。

おっぱいに触れるとユキの体がピクンとなった。

Dカップくらいのおっぱいは柔らかくて、指を入れるとめりこんでいく。

ブラウスのボタンをとり、ピンクのブラが出てきた。

ブラをずり上げ、おっぱいに顔を近づけるといい匂いがして、俺は乳首にむしゃぶりついた。

あこがれの欲しくてたまらなかったユキのおっぱいを揉んで吸っている!

俺は彼女の胸に顔を埋めて、その柔らかい感触を思う存分堪能した。

ユキは「あん」とか「やんっ」とか、

可憐な声であえいでいたのに、急に顔を上げて、「いつまで舐めてんの」と言われ、

俺は下半身に愛撫を移した。

白いスカートを脱がせて、ブラとお揃いのピンクのパンツを脱がせ

太ももを広げようとすると拒むので、そのまま股間に顔をつけた。

「あっ、やっ」 ユキが叫んで頭を掴まれたけど、

オマンコを舐めると、おとなしくなった。

マンコの中からトロトロマン汁あふれして、ユキが感じているのがわかる。

 

ズボンを脱いでいると、ユキがベッドの下の箱からコンドームを出して渡した。

ゴムを付けて挿入しようとしたときユキは、歯を食いしばって横を向いた。

それでも何とか根元までチンコを挿入することができた。

ゆっくりピストンしつつ、俺は念願のユキのマンコを堪能して感動していたら

「早くイってよ。約束でしょ」とユキに冷たくあしらわれ、しかたなく腰を振り始めた。

すると、「はっ、はっ、はあっ、はあっ」とユキが腰の動きに合わせてリズミカルに喘ぎだした。

「あんっ、あんっ、ああんっ」

ユキの息が荒くなって、俺の肩を掴んだ手に力を入れ、グッと自分のほうに引き寄せた、ガクガク体を震わせ、

「うあっ、んやっ、だめっ、イクうーっ」 と叫んでアクメに達した。

その瞬間、マンコがギュルルルルルゥーッと締まって最高に気持ちがよかった。

ユキはイったけど俺はまだイっていない。

眉を顔の中央に寄せて、ユキに突き入れると、また声を上げ始めた。

「ああっ、あんっ、あうっ、あううっ」 今度はさっきより大きな声で喘ぎだす。

そして、突然体がガクンと崩れ、背中を反らせて絶頂に達した。

一度イった体は敏感になっているようで、少し突き入れるだけですぐ次の絶頂が来た。

 

マンコ生挿入からの口内射精ゴックン

 

キスをしてなかったのでユキの唇にキスすると、今度は吸い付いてきてディープキス。

「気持ちいい?」

と聞くと、薄目を開けて

「気持ちいい」

としがみついてきた。

俺はユキを征服できたと思った。

俺も気持ちよくなってきたので射精へのラストスパートをかけようとすると、

「あっ、待って、またイキそうなの、一緒にお願い!」

そう言ってユキがしがみついてきた。

「わかったよ。イカせてやるよ」

ユキがうれしそうにうなづく。

腰を振るスピードを上げていった。

「いくよ、出すよ!」

「あっ、はあっ、イっちゃうっ」

すでに痙攣が始まっていたユキのマンコは、俺の射精に合わせるように、全身を硬直させて絶頂を迎えた。

 

 

 

 

ユキから離れ、トイレに行って戻ってくると、ユキはベッドに起き上がっていた。

丸出しのおっぱいを隠そうともしない。

昨日まで、憧れでしかなかったそのおっぱいの感触を俺はもう十分に知っている。

俺は少しだけ勝ち誇った気分になっていた。

「舐めてよ」 そう言って彼女の前に立つと、オシッコしたばかりのチンポを嫌がらずにフェラしてくれる。

勃起してきたのでそのままユキに覆いかぶさった。

「ゴムつけなきゃだめ」 と言ったけど、そのまま生挿入。

生チンポを挿入して動き始めると、  ユキはしかたないというふうに、俺の首に腕を巻きつけた。

キスすると、拒むこともなくディープキスで舌を絡めてくるので、もう完全に俺のセフレ化したという感じだ。

「あー、いきそう」 と言うと、

「ゴムつけてないんだから、中に出さないでよ!」

「じゃあ口でイカせてよ」

「えー、やだよ」

チンポをさしだしフェラチオしてもらう。

ユキは口をもごもごさせていたけど、そのまま口内射精して飲んでくれた。

 

ヤリマン巨乳美少女を従順なセフレにすることができた

 

数日後、ユキを誘って居酒屋に行き、「今夜いいだろ」と誘うと、

「私、彼氏いるんだけど」なんて言ってたくせに、1時間後には俺に抱かれて狂ったようにイキまくっていた。

ユキはフェラチオは上手だけど、尿道口を舐める技を知らなかったから教えると、「こう?」なんて上目づかいで聞いてくる。

あんなに高慢ちきだったユキを、ここまで従順なセフレ化できたことが、俺にはたまらない。

ユキはヤリマンだから、他にも男がいるだろうし、これからもそうだろう。

俺は、 「彼氏がいてもいいから俺とも付き合え」 と彼女に言った。

ユキはしばらく考えて

「あんたとは付き合わないけど、エッチするだけならいいよ」

セフレ契約が成立した。

「だけど、あんたは彼氏の次だからね。絶対彼氏にバレないようにしてよ」

ユキはディープキスを求めてきた。

おっぱいを吸いながら授乳手コキでフィニッシュした。

出会えるサイトランキング

PCMAX   

アダルト系に強い

セフレ探しならココ一択!

PCMAXの詳細情報を見る

PCMAX公式サイトへ

 

ハッピーメール   

会員が多く出会いやすい

ハッピーメールの詳細情報を見る

ハッピーメール公式サイトへ

 

ワクワクメール

若い子や女子大生が多い

ワクワクメールの詳細情報を見る

ワクワクメール公式サイトへ

-出会い系サイト体験談
-, , , ,

Copyright© 出会い系ハメハメ体験談 , 2020 All Rights Reserved.